サプリメント

グルコサミンはランキング調査から!【徹底した商品選び】

軟骨の機能を取り戻す

膝の痛みの原因

サプリメント

毎日の暮らしの中で、膝の痛みに悩まされている方は多いのではないでしょうか。特に50歳を過ぎると、多くの方が膝の痛みに悩まされています。なぜ50歳を過ぎると、膝の痛みが発症してしまうのでしょうか。多くの膝の痛みの原因は、変形関節症にあります。この変形関節症は、軟骨がすり減ることで発症してしまいます。軟骨は関節を覆っており、クッションの役割を果たしています。しかし、軟骨がすり減ることでクッションの働きがなくなり、関節同士がぶつかり始めます。ぶつかる際に骨片が周囲に飛び散り、周囲の神経を刺激してしまうのです。軟骨の主成分はグルコサミンです。このグルコサミンは人の体内で生成されますが、20歳前後をピークに減少していきます。そして50歳を過ぎた頃から減少幅が大きくなり、軟骨を形成することが難しくなってしまうのです。そのため、50歳を過ぎた頃から、膝の痛みに悩まされる方が急増してしまいます。

サプリメントで摂取できる

軟骨の主成分であるグルコサミンの減少には、体外からグルコサミンを摂取することで補うことができます。グルコサミンを補うことで、膝の痛みの原因となっている軟骨のすり減りを緩和させる効果を期待できます。また、グルコサミンの他にも、コンドロイチンを摂取することで膝の痛みに効果があることが分かっています。多くのグルコサミンサプリメントではコンドロイチンも配合されており、高い効果を期待することができます。サプリメントを選ぶ際には、効果をより実感できるかどうかを確認することが重要です。有名な論文ではグルコサミンを1日1500mgを3年間摂取することで、膝の痛みを緩和するほか、軟骨の働きが改善したとの報告が記載されています。そのため、1日1500mgのグルコサミンが摂取できるか、コンドロイチンなどの有効成分も配合されているかを確認し、サプリメントを選ぶようにしましょう。